オーガズム/中イキのための催眠の活用

オーガズムとは

オーガズムとは自律神経反射の一種です。

反射とは、動物の生理作用のうち、意識的にコントロールできないものを指します。消化や心拍なども反射の一種です。
オーガズム反射は、人間であれば誰でも持っている生理的な機能です。オーガズムを起こす力は誰でも持っています。
オーガズム反射を引き起こすのは自律神経であり、自律神経をつかさどるのは脳の原始的な部分(本能/潜在意識)です。

女性が性的に興奮するにつれて、神経系は脳に快感のメッセージ(信号)を送り、それが蓄積されて頂点に達するとオーガズムを引き起こします。オーガズムが起きると、性器周辺の筋肉(骨盤底筋群)がリズミカルに収縮し、その後筋肉の緊張が突然解き放たれて、快感の波が性器周辺から周囲に広がっていきます。脳内では、大量のオキシトシン(幸せ・愛情ホルモン)、βエンドルフィン(快感・幸せホルモン)、DHEA(若返りホルモン)などが分泌されます。(オーガズムが強いほど、オキシトシンが多く分泌されるといわれています。)

外イキ(クリイキ)とは

クリトリスを刺激することで生じるオーガズムです。

クリトリスへの刺激は陰部神経を通じて脳に伝達されます。
外イキ(クリトリスオーガズム)の場合、その快感の波の広がりは基本的に下腹部にとどまります。

クリトリスは、女性が性的快感を感じるためだけに存在する器官であり、物理的に強力な快感を生み出します。
そのため、脳があまり興奮していない状態でも快感のメッセージは脳に伝わりますので、比較的容易にオーガズムに達することができます。
ただし、脳の興奮が弱ければ、脳が気持ちよくなった状態は長続きしません。物理刺激がなくなればすぐにおさまってしまいます。

「クリイキはできるんだけど、中イキはできない」という女性は、クリトリスへの物理刺激に頼ったセックスが習慣になっていて、脳が十分に気持ちよくなりきれていない/脳の興奮が十分に高まっていない場合がほとんどです。

中イキとは

膣や子宮(頸部)を刺激することで生じるオーガズムです。

膣や子宮(頸部)への刺激は複数の神経系(骨盤神経、下腹神経、迷走神経)を通じて脳に伝達されます。
中イキ(膣オーガズム/子宮オーガズム)の場合、体全体に及ぶ迷走神経など複数の神経系が作用するため、その快感の波の広がりは全身に及びます。
※迷走神経は脳から直接出ている末梢神経である脳神経の1つであり、脳神経の中で唯一下腹部(骨盤領域)にまで到達する長い神経です。

膣は鈍感です。
解剖学的に、人間のもつ器官の中では神経が少ない臓器です。
また、子宮頸部(ポルチオ)が気持ち良いという説がありますが、神経の集中などは確認されていません。
※「膣内には敏感な部位(Gスポット)がある」と主張する学者もいますが、医学的にはその存在は認められていません。(存在する/しないの議論が続いていますが、大部分の専門家は存在を信じておらず、「もしあるとしても、少数の女性のみだ」と考えられています。そもそも、膣内に敏感な部分があれば出産なんてできるはずがありません。)

では、なぜ膣や子宮(頸部)を刺激するとオーガズムが起きるのでしょうか?

挿入によって、膣・子宮(頸部)への物理的な刺激・体感覚が骨盤神経・迷走神経を通じて脳に伝わります。
脳の性的快感・興奮が高まった状態であれば、その刺激を性的な刺激として知覚し、さらに脳の性的快感が高まっていきます。
そして、脳の性的快感が頂点に達するとオーガズムが起きます。

つまり、膣・子宮(頸部)から直接的に性的快感を感じてオーガズム(中イキ)が起きる訳ではありません。
脳の性的快感・興奮が高まった状態で刺激を受けるからこそ、脳の性的快感が高まって中イキするのです。

なぜ中イキできないか?

直接の原因は、脳が気持ちよくなっていないからです。
細かく見ていくと、大きく2つの原因があります。

(1)脳が気持ちよくなってない状態で(気持ちよくなる前に)挿入している
・そもそも物理的に気持ちよくなっていない(男性本位の未熟なセックスなど)
・脳が気持ちよくなっても(気持ちよくなる瞬間があっても)長続きせず、挿入時にはおさまっている
・義務のセックス、いやいやながらのセックス
・マンネリセックス

(2)心理ブロック(心のブレーキ)のせいで、脳がスムーズに気持ちよくなれていない
・相手への信頼感が低い(安心できていない)
・自尊心や恥ずかしさ(乱れた姿を見せることへの抵抗、身体のコンプレックスなど)
・不安や恐怖(未経験の感覚への不安、オーガズムへの恐怖など)
・尿を漏らしてはいけないという強い意志(潮吹きを避けようとする気持ち)
・苦手意識(中イキできなかった経験の積み重ね、思い込み)
・中イキできないことへの焦燥感
・過去のトラウマ(性行為に関連する嫌な思い出など)

愛し合う者同士のセックスでは安心感・信頼感があるため、通常、そうではない場合に比べて脳は気持ちよくなりやすいです。
ただし、自尊心や恥ずかしさ、不安、恐怖などがある場合は、脳は気持ちよくなるのを自らセーブしてしまいます。また、苦手意識、中イキできないことへの焦燥感、過去のトラウマなどがある場合は、脳がその考え・イメージにとらわれてしまい、届いた快感のメッセージをダイレクトに認識できず、気持ちよさの高まりが弱くなります。

中イキするための方法/催眠性感療法のしくみ

中イキするためには、膣・子宮(頸部)への物理的な刺激を性的快感として知覚するレベルにまで、まずは脳が気持ちよくなる必要があります。
その状態で膣・子宮(頸部)への物理的な刺激を継続して脳の性的快感が頂点に達すれば、オーガズムが起きます。

普通のセックスでは、性感帯(主にバストやクリトリス、女性器周辺)への物理刺激を経由して、脳は気持ちよくなっていきます。(脳に快感のメッセージが送られていきます。)
ただし、刺激の仕方が良くなかったり、心理ブロックがあったりすると、脳はスムーズに気持ちよくなっていきません。(逆に、気持ちいい感覚・オーガズムの経験が多いほど、脳はスムーズに気持ちよくなります。)

催眠(やSM・緊縛)を使うと、本能が活発になるため、性感帯以外の部分でも性的刺激を強く感じるようになり、脳に性的快感を送ることができます。性感帯はより一層敏感になります。また、深い催眠状態(トランス状態)では、顕在意識(理性的な脳)のはたらきが弱くなって心理ブロックから解き放たれるため、邪魔するものがなく、性的快感・興奮がスムーズに蓄積されてのぼりつめていきます。
極限にまでのぼり詰めた状態で身体(例えば肩や手など)に触れると、オーガズムがおきます。
このレベルにまで脳を気持ちよくすることができれば、当然、膣への挿入でもオーガズムが起きます。
この状態で中イキを繰り返すことで、中イキまでの流れ・感覚を脳が記憶・学習し、心理ブロックも自然とはたらかなくなり、実際のセックスでも普通にイケるようになります。

なお、(トランスが深くなって)本能が極めて活発な状態になれば、物理的な刺激がなくても脳は性的快感を感じられるようになり、脳の快感が頂点に達するとオーガズムが起きます。
これがいわゆる、脳イキです。

※性感催眠療法では女性器に触れることはありませんので、膣への刺激はイマジナリーセックス(イメージの中でのセックス)などで代用します。イマジナリーセックスの詳細については、【催眠状態でおこなうイマジナリーセックス】のページに記載してあります。

より深いオーガズム/カタルティック・オーガズムを体感するには

本能が極めて活発になって、性感帯以外に触れてオーガズムがおきるレベル、または、脳イキするレベルにまで脳が気持ちよくなった状態で、性感帯に触れていきます。
ヒプノ性感セラピーの施術で体験して頂けます。

女性用風俗/女性向け風俗

2016/11/22 (更新日: 2020/02/25)
関連記事

What's New