性感催眠療法の様子/美波さん(福岡県・35歳)

福岡県にお住まいの美波さんに、撮影に協力して頂きました。
「セックスで彼氏に喜んでもらえるように感度を磨きたい、中イキできるようになりたい」ということでした。

今回は、性感催眠療法の一コマをご紹介いたします。

催眠状態に入ると本能が活発になるため、性感帯以外の部分でも性的刺激を強く感じるようになり、脳に性的快感を送ることができます。また、催眠状態では、顕在意識(理性的な脳)のはたらきが弱くなって心理ブロックから解き放たれるため、邪魔するものがなく、性的快感・興奮がスムーズに蓄積されてのぼりつめていきます。
極限にまでのぼり詰めた状態で身体に触れると、オーガズムがおきます。

このケースでは、オーガズムがおきる一歩手前の状態から手のひらへの性的な刺激を始めて、オーガズムをおこしています。
このレベルまで脳が気持ちよくなっていれば、弱い物理刺激でも確実にオーガズムはおきます。

性感帯以外の部分でのオーガズムや脳イキが確認できたら、イマジナリーセックス(イメージの中でのセックス)などの手法を用いて、中イキするように誘導していきます。


2019/12/07 (更新日: 2019/12/10)




関連記事

What's New